【Fi会員限定メルマガ】Vol.32 : 大腿骨の調整だけで膝痛が治療できる理由

外来リハビリを切られた患者様の受け皿を育てるMotion Analystの細井淳です。

 

前回のメルマガで膝関節の安定肢位とは、

 

「大腿骨外旋―脛骨内旋位」

 

であることをお伝えしました。

ではなぜ、この肢位で膝関節が安定するのでしょうか??

それには、膝関節の靭帯が深く関わっています。

 

まず、膝関節内には
「前十字靭帯」「後十字靭帯」という
2つの靭帯があります。これらは、十字靭帯の名前の通り、クロスするようにして

各々が大腿骨と脛骨をまたいでいます。

 

このうち、言うまでもなく大腿骨外旋を実現するには、
「股関節周囲の筋肉」が担います。
 
実は、大腿骨が外旋すると+脛骨が相対的に内旋すると)
上記の前十字靭帯と後十字靭帯の交叉が強まり
膝関節が良い意味で締まります。つまりは、「膝が安定」します。


故に、股関節周囲の筋肉の調整で、股関節の(自動)外旋位を
獲得することは
膝関節の安定肢位を構成するため、
膝関節周囲をいじらなくとも、膝痛改善に繋がりうる
ことがあるという事実が結びついてきます。

 

ただし、大腿骨の外旋制限が、

「他動の可動域制限がある場合」

 

では、仮にどれだけ股関節外旋筋群にパワーがあっても、可動域は改善しません

まずは、他動外旋可動域獲得の為には、

 

1.股関節包内で骨頭が関節中心で運動できるように誘導すること
2.正常な外旋運動を阻害する筋肉のテンションを整えること

 

が超重要な必須ミッションになります!!!

 

次回のメルマガでは、これら上記の点について、解説していきますので、
是非皆様のお仕事に役立ててください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加