【Fi会員限定メルマガ】Vol.73 : ストレステストの工夫

外来リハビリを切られた患者様の受け皿を育てるMotion Analystの細井淳です。

 

前回のメルマガでは、仙腸関節ストレステストの種類として、

 

ゲンスレンテスト
パトリックテスト

 

などが代表的と述べました。また、教科書通りに行うだけでは

そのクライアントの鼠径部痛の原因が

 

仙腸関節由来なのか?
股関節由来なのか?

 

が見抜けず、不十分だとお伝えしましたね。

 

実は仙腸関節ストレステストでは、画像で示す通り、大腿骨を施術者が他動的に動かすことで、

 

結果として仙腸関節にストレスをかけているその結果が疼痛として表出しているに過ぎません。

 

別の言い方をすれば、ゲンスレンテストもパトリックテストも仙腸関節にストレスをかけずに行えば、

 

理屈では痛みが軽減あるいは消失するはず。

 

「そんなことできるのー?」

 

そんな声が聞こえてきそうだけど、めっちゃめちゃ簡単です!

 

これをそのまま実践すれば、ものの数分で、鼠径部痛の原因が

 

仙腸関節由来なのか?
股関節由来なのか?

 

が絞れるようになります!!

 

次回のメルマガでは、

 

・具体的な技
・原因絞り込みまでのチャート式の推察方法

 

この全てをお伝えしますので、お楽しみに♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加