6/14(日)朝も追加しました!

機能改善研究所の細井淳です。
 
いよいよ生理学セミナーpart.2が近づいてきました!
緊急ではありますが、
6/14(日)の朝に時間が空いたので、この日は9:30~からも
セミナーを開催することが決定致しました。
 
今回は事前無料テキストでも30スライド以上あります!!
もう大奮発して手間暇かけました!!!
 
前回の事前資料の配布は大好評でしたので、
きっと今回はそれ以上に参加者の方々に満足いただけるかと思います。
 
さて、本日は体の硬い人・伸長時痛のある人にとって
有益な情報をお伝えしましょう!!
 
前回の生理学セミナーでも学んだ通り
硬い筋肉(短縮)にはストレッチが
攣縮(痛みのある筋肉)には緊張えお緩めることが
 
有効としました。
 
これらどちらの問題においても共通して使える
鉄板のアプローチの手順があります⇩
 
image.png
 
STEP➊=ゆるめる
硬くても、痛くてもまずは筋肉の緊張を落とせば
血流も良くなり、筋肉は伸びやすくなります。
 
STEP➋=伸ばす
緊張を落とした後はサルコメアが伸びやすい準備が
できた状態。無理なく、しかも普段よりもぐんと
ストレッチ効果が高まります。
 
STEP➌=保持させる
緩めて伸ばした側の筋肉と反対側(拮抗側)の
筋肉を深く収縮させたまま保持すれば、その
効果は更に高まり、効果を持続させるためにも
このテクニックが必要です。
 
正にこれこそが生理学の力!原理なのです!!
 
脳卒中や脊髄損傷でない限り、誰もがこの
体の法則になぞるので、劇的に変化するのです!
 
運動指導者がこの法則を知らない、
使っていないなんてありえない!!
 
オンラインレッスンでも、この原理をフルパクリ
してワンランク上の指導でお客様の満足度を
上げて下さいね♪
 
【生理学に基づいた痛い!硬い!筋肉に対する安全身体即改善マニュアル】
*事前無料テキスト付で4,500円

・6/13(土)21:30~0:00(女子限定
・6/14(日)9:30~12:00(録画あり)← NEW

・6/14(日)21:30~0:00(録画あり)

https://peraichi.com/landing_pages/view/348h0


事前資料のダウンロードはこちらから!!
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事